環境分析 – 水分析

公定法

水分析に関係するさまざまな世界の公定法

水分析はメトローム装置の重要なアプリケーションです。メトロームの装置は、世界中の様々な公定法(例: ISO, EN, EPA, ASTM, AOAC)に準じた測定が行えます。

> メトロームの装置で行える水分析に関わる公定法一覧

六価クロム:カリフォルニア州で飲料水中の許容値を変更

EPA 218.7による六価クロムの許容値を変更しました。

カリフォルニア州は、飲料水中に含まれるクロム許容値を最大 10μg/ L までとしました。イオンクロマトグラフィーなら、EPAメソッド 218.7によるCr (VI) を測定できます。

> さらに詳しい情報

水に含まれるヒ素と水銀の測定なら scTRACE Gold 電極

飲料水中のヒ素の許容量は最大10 μg/L

天然由来のヒ素に加えて、人為的活動が水のヒ素汚染の原因となっています。世界保健機関(WHO)は飲料水に含まれるヒ素の許容量を最大 10μg/ L と推奨しています。

scTRACE Gold 電極を使用した電気化学分析(VA)

scTRACE Gold 電極を使用した、アノードストリッピングボルタンメトリー (ASV) なら、分光分析に代わる測定手段として、ヒ素分析が簡単に行えるのに加え、装置も手頃な価格です。ASVの検出限界は、国際的に求められる限界値よりも大幅に小さい値です。

scTRACE Gold 電極は、無機水銀の測定にも最適です。

scTRACE gold 電極は、水に含まれる無機水銀をとても広い範囲で測定することができます。ASVなら国際的に求められる無機水銀測定の限界値をクリアしています。

関連製品

scTRACE Gold 電極

scTRACE Gold 電極は As(total),、As(III) 、Hg測定用チップ型の電極です。

scTrace Gold 電極の詳細情報

884プロフェッショナル VA

As(total)、As(III)、Hg のラボでの微量測定用分析装置

884プロフェショナルVAの詳細情報

946ポータブルVAアナライザー

屋外へ持ち出せる携帯型のAs(total)、As(III)、Hg用分析装置

946ポータブルVAの詳細情報

ダウンロード

EPA 300.1、317、326による水に含まれる臭素 (Br) の分析 

オゾン由来の発がん性臭素酸の測定方法

発がん性のある臭素酸は、飲料水のオゾン処理により生成されます。複数の国際的な基準では、その検出限界と測定方法を規定しています。

世界で認められている測定方法

要求される検出限界に応じて、さまざまな検出方法を用いることができます。サプレッサー付き導電率検出器は、μg/Lレベルの臭素酸の測定が可能です。 ng/Lレベルでの臭素酸は、IC/MS とのカップリング、又は、ヨウ化カリウムによるポストカラム誘導体化とUV検出器の組み合わせにより測定が可能です。

EPA 326.0 による臭素酸測定

UV検出器を使用したポストカラム法による飲料水の臭素酸分析

> メトロームのイオンクロマトグラフを使用した臭素酸分析のEPAテストと検出限界値

関連製品

ダウンロード

DIN 38406 Part 16 による水に含まれる金属の分析

電気化学分析(VA)による亜鉛、カドミウム、鉛、銅、タリウム、ニッケル、コバルトの分析

水に含まれる、Zn、Cd、Pb、Cu、Tl、Ni、Co の定期的な測定は、各国で必須となっています。Zn、Cd、Pb、Cu、Tl はアノードストリッピングボルタンメトリー(ASV)によるHMDEで測定を行い、NiとCoはアノード微分ストリッピングボルタンメトリー (AdSV)で測定します。

ダウンロード

その他のアプリケーションと製品

廃水からエネルギー:微生物燃料電池

微生物燃料電池は、生きた細菌を使用することで、バイオマスや廃水中の広範囲な有機化合物から電気を生成します。メトローム オートラボ社製 PGSTAT128NおよびFRA32Mモジュールを使用することで、電子伝達速度や界面特性をモニタリングすることができます。

アプリケーション検索へ

滴定とイオンクロマトグラフィーを1つのシステムに統合

1台のシステムが、さまざまな水質分析項目を引き継ぎます: 【TitrIC】 は自動滴定装置とイオンクロマトグラフィーが統合したシスムです。【VoltIC】は、電気化学分析装置と イオンクロマトグラフィーが統合したシステムです。これらのシステムは、省スペースで完全自動分析を実現します。

TitrIC Vario Pro & VoltIc Vario Pro

動画:pH計の正しい使い方

Female lab worker with 827 pH Meter and Unitrode
正しいpH測定の方法 – ちょっとしたヒントで大きな効果

pH値は、分析化学において、基本となる重要な項目で最も多く測定されています。ここでの動画は正しく、エラーを起こさずにpHを測定する方法をご覧いただけます。

> 動画はこちらから(英語)

お客様の声:AGQ ラボ社(スペイン)

"メトローム製品を使い始めてから測定時間の短縮だけでなく生産性も向上しました。"

AGQ 社、環境水分析や食品分析にメトロームのイオンクロマトグラフを使用している国際的な技術会社。

お客様の声:イプロマ社(スペイン)

"メトロームの製品を100%信頼しています。私たちの仕事の負担を軽減するのにとても役立っています。"

イプロマ社、飲料水、プールの水、地表水、かんがい用水などの環境試料の分析やサンプリングを行う環境分析ラボ。

お客様の声:AGROLAB (ドイツ) 

"メトロームの自動滴定装置を使用して20年経ちますが、今回は、今まで使用していたイオンクロマトグラフィーシステムをメトローム製のものにして、大変満足しています。"

AGROLAB社、CODの測定にメトロームの自動滴定装置をして、廃水のアニオン分析用としてメトロームのイオンクロマトグラフィーシステムを使用。普段は見ることができないラボの様子もご覧いただけます。