909UVダイジェスター:VA用UV分解装置

選択性の高いボルタンメトリーでは、塩濃度の高いサンプルでも扱えます。しかし、サンプルが有機物質に汚染されていると、重金属のVAトレースアナリシスに影響を及ぼす可能性があります。

909UVダイジェスターなら、UV光分解で有機物質の分子を即座に効率よく分解するので、信頼できる測定結果が得られます。

909 UV Digester with operator

特長

  • 低~中程度の有機物質汚染がある透明度のあるサンプルに最適
  • 12サンプルまで同時に完全自動処理
  • ごく少量の試薬ですむためサンプル汚染の危険性を低減
  • 公定法でも推奨の前処理方法
  • 分解温度、分解時間ともに設定して前処理

909UVダイジェスターによるUV分解のしくみ

ラジカル開始剤として少量のH2O2をサンプルに加え、200~400 nmのUV光を照射して、有機物質の分子と即座に反応するOHラジカルを生成します。このラジカル連鎖反応の結果、すべての有機物分子が分解され、CO2、H2O、N2、NH3といった、VA分析に干渉しない低分子量化合物になります。

各国の公定法で推奨されている効果的なサンプル前処理方法

炭素濃度が約100 mg/Lまでの低~中程度の有機物質汚染のある透明サンプルの場合、メソッドとしてUV分解が適しています。UV光分解を用いた標準で推奨されているサンプル前処理には、以下のようなものがあります。

  • DIN 38406, Part 16: ボルタンメトリーによる亜鉛、カドミウム、鉛、銅、タリウム、ニッケル、コバルトの測定
  • DIN 38406, Part 17: 吸着ストリッピングボルタンメトリー法を用いた地表水、生水、飲料水中のウランの測定

最大12検体を完全自動分解

909UVダイジェスターは、完全自動でサンプル前処理を行えます。

均一にUV照射が行えるよう、UVランプのまわりにサンプルを配置して、最大12サンプルまでを一度にUV分解処理できます。

操作画面から設定した条件下で光分解

UVダイジェスターに分解温度と時間を入力すると、設定された条件で909UVダイジェスターが確実に分解処理します。

Pt1000温度センサーにより標準試料の分解温度が測定され、内蔵マイクロプロセッサーにより分解温度と時間がコントロールされます。

揮発性のあるサンプルでも蒸散や消失がありません

石英製のサンプル容器に蓋をするPTFE製のストッパーが圧縮蓋の役目を果たし、サンプルの蒸散を防ぎます。

このため、水銀、ヒ素、セレンなど、温度が上がると揮発する物質や容易に揮発する組成の化合物を含む分析サンプルの前処理にも利用できます。

メンテナンスの手間がかからない空気冷却式を採用

909UVダイジェスターの核をなすUVランプは熱を発生しますが、下部にあるファンで熱は放散されます。

このように空気冷却式であるため、冷却水の供給が不要という利点があります。

安全で簡単な操作

909UVダイジェスターは、分解部と制御ユニットが1つのハウジングに収められており、制御ユニットではディスプレイから装置の操作ができるほか、進行中の分解の状況もディスプレイで確認できるしくみになっています。

UV光照射部にはシールドが付属しているため、危険なUV光から目を保護できます。

ダウンロード