ティトリーノプラス

ティトリーノプラスは、ベーシックなアプリケーションに利用できる入門者向け電位差自動滴定装置シリーズです。

コストパフォーマンスと簡易な操作性を両立させたエントリーモデル。12検体連続測定可能なサンプルチェンジャー一体型もあります。

Titrino plus with operator

特長

  • 高分解能のメトローム電極で高い精度と正確性を実現
  • コンパクトで操作が簡単なシンプル設計
  • 外部データー出力やサンプルチェンジャー接続による自動化も実現
  • 参考価格:80万円
    (848食品分析。税抜き。仕様により価格は変わってきます)

ティトリーノプラス システム (9)

全ティトリーノプラス システムを表示 (9)

正確な測定を約束する信頼性

他のメトローム自動滴定装置と同様、高分解能の測定インターフェースが装備されているので、正確な測定結果が得られます。

扱いやすさに優れた操作性

ティトリーノプラスは、
ユーザーのニーズを重視した設計になっています。

設置もとても簡単です。電動ビュレット部分の交換ユニットとオートマチックスターラは、本体に接続するだけでティトリーノプラスが自動認識します。また、大型のグラフィックディスプレイにより、パラメータの調整や曲線の読み取りも容易です。ルーチン分析に関するユーザーガイダンスも整っているため、初めて自動滴定装置を操作する方でも簡単に測定ができます。

優れた柔軟性と拡張性

ティトリーノプラスシリーズは、優れた柔軟性もお約束します。

USBインターフェースを備えており、プリンター、キーボード、マウス、あるいはメソッドやデータのバックアップ用USBメモリといった周辺装置を接続することができます。USBハブをお使いであれば、複数のデバイスを同時に接続することも可能です。さらにティトリーノプラスをメトローム869 コンパクトサンプルチェンジャー へ接続するか、滴定装置とサンプルチェンジャーが一体となった862 コンパクトタイトロサンプラをお使いいただければ、最大11検体連続で滴定を自動化できます。

YouTubeで日本語字幕入り動画ご覧いただけます。こちらから。


簡易な操作でも幅広いアプリケーションに対応

ティトリーノプラスは、
幅広い滴定アプリケーションにお使いいただけます。
以下はその一例です。

  • 水溶液中の酸塩基滴定(中和滴定)
    および非水(有機溶媒系)中の酸塩基滴定
  • 錯滴定 (例:EDTAによる滴定)
  • 酸化還元滴定( 例:よう素、過マンガン酸カリウム、
    セリウムによる滴定)
  • オプトロード(光度センサー)を使用した光度滴定
  • 沈殿滴定(例:硝酸銀による滴定)
  • 界面活性剤滴定(アニオン、カチオン、ノニオン)
  • 分極性電極を使用した滴定 

ティトリーノプラスは、食品、飲料、塩化物、油脂などの各アプリケーション分野に合わせてパッケージをご用意しております。これらのパッケージには、各アプリケーションに合わせた適切な電極、緩衝液および電解質溶液、メソッド、アプリケーションなど、分析に必要なものがすべて含まれているため、設置後すぐに測定が開始できます。また、メトロームでは専用電極で、界面活性剤を直接滴定で測定することができます。非イオン性界面活性剤やカチオン性界面活性剤などの測定でも、簡単に測定が行えます。詳しくはこちら

ダウンロード