916 + 810 USB を組み合わせたシステム

多くの検体数を処理、単純作業のルーチンワークて作業、しかし時間のプレッシャーが...これらは分析作業を自動化するのに十分な理由です。

916Ti-タッチと810USBサンプルプロセッサを組み合わせたシステムで連続自動分析が行えます。大幅な時間の節約と作業スペースの削減もすることができます。

この丈夫で信頼性の高いシステムはルーチン分析の自動化に最適です。

下の日本語字幕版付き動画がYouTubeでご覧いただけます。こちらから

特長

  • 多検体自動化で時間を大幅節約
  • 自動化により再現性を向上させて品質管理もさらに向上
  • 安全性も向上:自動化で危険な試薬に触れる機会を最小限に
  • 810本体参考価格:
    90万円 (税抜き。仕様により価格は変わります)

手作業の時間をなくして分析時間を大幅に短縮

メトロームのサンプルプロセッサでサンプル処理能力を大幅アップ。

各測定工程の自動化により、前処理からの多検体連続分析が行え、大幅な時間短縮を実現します。

サンプルラックに試料をセットするだけで、あとはシステムが全てを行ないます。

個人誤差をなくして標準化することで再現性と精度を大幅に改善

全自動装置を使用しますと、繰り返しのサンプル測定が全く同じ工程で行えます。

手動での測定と比べて、結果の再現の向上につながります。

自動化を推進して安全性も向上

810サンプルプロセッサによる自動化は、危険な試薬に触れる機会を最小限に抑えて安全管理を向上できます (例:サンプルやKF試薬)。

測定だけでなく、試薬の添加、洗浄、排液といった工程も自動化できますので、測定を中断する必要がありません。

ダウンロード