893バイオディーゼルランシマット

893プロフェッショナルバイオディーゼルランシマットは、バイオディーゼル(脂肪酸メチルエステル、FAME)やバイオディーゼル混合品の酸化安定性を測定します。

バイオディーゼルランシマットでは、サンプルを加熱して空気を連続で通すことにより劣化を促進させ、酸化が活発に起こり始めるまでの経過時間、つまり誘導時間あるいは酸化安定性度 (OSI) を測定します。このメソッドは各国標準ならびに国際標準に準拠しており、ユーザーフレンドリーな最新のStabNetソフトウェアも貢献して、非常に使いやすいのが特徴です

893 Professional Biodiesel Rancimat

特長

  • EN 14112、EN15751、

    EN 16568 準拠

  • ASTM D6751、D7467 準拠
  • 装置のコントロール、測定結果の評価、およびデータ管理用として操作が簡単なStabNetソフトウェアが標準付属
  • 最大8サンプルまで同時分析可能
  • 脂肪酸メチルエステル(FAME) や生分解性潤滑油の酸化安定度試験

バイオディーゼルおよびバイオディーゼル混合品の品質管理に

脂肪酸メチルエステル(FAME)は大気中の酸素により徐々に酸化していきます。酸化した製品は、燃焼機関にダメージを与える原因となります。

したがって、酸化安定性はFAMEの重要な品質基準になっています。バイオディーゼルランシマットでは、FAMEやディーゼル燃料との混合品の酸化安定性を測定することができます。また、添加する酸化防止剤の効果を確認するのにも用いられます。

酸化安定度測定についての詳しい情報は、こちらをクリック!(以下の章「促進酸化試験メソッド」へのリンク)

各国公定法や国際標準に準拠した測定

バイオディーゼルランシマットによる酸化安定度試験法は、以下を含む、さまざまな公定法や国際標準に準拠しています。

  • EN 14112 “油脂誘導体 – 脂肪酸メチルエステル (FAME) – 酸化安定度試験 (酸化促進法)”
  • EN 15751 “自動車燃料 – ディーゼルオイルと脂肪酸メチルエステル (FAME) の混合燃料 – 酸化促進法による酸化安定度試験”
  • EN 16568: “自動車燃料 – ディーゼルオイルと脂肪酸メチルエステル (FAME) の混合燃料 – 120℃での迅速酸化促進法による酸化安定度試験“

最新のStabNet software PCソフトウェアで行う測定、解析、アーカイブ

StabNetは、ランシマットのコントロールハブです。装置の各機能はStabNetを搭載したPCでコントロールされています。

測定結果の評価、過去に測定して蓄積したデータベースへのアーカイブなどもできます。

StabNetについての詳しい情報は、こちら をクリック

バイオディーゼルランシマットは複数検体の同時測定などマルチタスク対応

バイオディーゼルランシマットには8つの測定ポジションがあり、独立した2つの加熱ブロックにそれぞれ4つずつ装備されています。

両ブロックは独立しているので、加熱ブロックで同時に異なる2つの温度を設定することができます。測定は装置上で直接、個々に開始することもでき、サンプルをセットすれば測定が開始されます。

1台のPCで最大4台の酸化安定性測定装置を制御

たくさんのサンプルを測定する必要がある場合には、1台のPCでバイオディーゼルランシマットを最大4台まで接続して操作することができます。

これにより、1台のPCで最大32サンプルまで同時測定することが可能となります。

使い捨て容器で洗浄時間やコストを節約

バイオディーゼルランシマットは、費用のかからない使い捨ての反応容器を使用しています。

したがって、こびりついた汚れを落とす必要がなく、時間のかかる測定後の洗浄をしなくてすみます。時間とコストの節約につながるほか、使いきりの容器を使用しているため、次サンプルへの影響を回避でき、測定結果の再現性が向上します

促進酸化試験法(The accelerated oxidation test method)

バイオディーゼルランシマットを使ったFAMEの酸化安定性測定は、業界で確立された信頼できるメソッドです。

これは、サンプルを加熱して空気を連続でサンプル中に流すことにより、サンプルの劣化プロセスを早める手法です。空気の流れで揮発性の酸化物質をサンプル容器から蒸留水を入れた容器に送り込み、この水の伝導率を連続で測定します。酸化物質が形成された時点で、容器内の伝導率が上昇します。曲線の屈曲で示される伝導率の急な上昇が、酸化安定性を示す誘導時間です

ダウンロード

工場で生産されている添加剤、触媒、顔料、テキスタイル、化学品などの安全評価にメトロームのランシマットを使っています。メトロームの装置は20年以上使っておりますが、信頼性と正確さがあり、サポート体制もしっかりしているので満足しています。
Nakul Ketkeaw, vice president of the Laboratory Service Center of PTT Chemical Public Company Ltd., Thailand