NIRS XDSプロセスアナライザ

NIRS XDSプロセスアナライザーシステムは、顆粒、粉末、液体、スラリー、懸濁液といった様々な試料をオンラインで測定できます。

XDSアナライザーは、製薬、化学、石油化学分野の物質をすばやく非破壊で分析できます。このシステムでは、必要に応じて、インライン測定チャンネルを最大9チャンネルまで増やすことができます。

NIRS XDS Process Analyzer

主な特長

  • NIRS XDSテクノロジーによる優れた分析性能
  • スキャンレンジ(800~2200 nm)により、広範なアプリケーションに対応
  • 定性分析および定量分析を同時に行なえてトレンド分析も可能
  • 堅牢なNEMA 4X 仕様
  • 化学薬品不使用で、環境に優しく、コストを節約した分析が可能

NIRS XDSプロセスアナライザ システム (6)

全NIRS XDSプロセスアナライザ システムを表示 (6)

使用条件の厳しいサンプルにも対応する各種プローブ

広範な反射プロ―ブ、トランスフレクション、透過プローブとフローセルをご用意。これによりNIRS XDSプロセスアナライザーは、どんな過酷な条件にも対応できます。

メトローム プロセス アナリティクスは、流動層乾燥機、整粒機、発酵槽用に特別に設計した専用プローブも開発しました。

マイクロバンドルファイバーテクノロジーにより、高い正確性を実現

NIRS XDSプロセスアナライザは、マイクロバンドル光ファイバーを採用することで、優れた透過シグナルを実現しています。それにより、粉末、スラリー、顆粒などで特に優れた分析性能が得られます。  

ファイバーは、温度の影響を受けにくく、機械的、化学的にも優れた安定性を示しています。

シングルファイバーで、より長い距離の測定に対応

透明またはやや不透明な液体を分析する場合、シングルファイバーが使用できます。シングル光ファイバーを利用すれば、サンプリングポイントから100 m以上離れた地点にアナライザーを設置でき、かつ高速で分析が行えます。

危険な環境に対応するカスタムメイドのソリューション

危険な環境向けに、メトローム プロセス アナリティクスでは、カスタムメイドのソリューションを開発、提供しています。

プロジェクトは、サンプル調製システムから、Zone 1およびZone 2環境用ATEX95準拠システムなどの完全シェルターまで、広範囲に及びます。

1台のNIRSアナライザーで、最大9つのサンプリングポイントに対応

NIRS XDSプロセスアナライザーは、シングルポイント、4チャンネル、9チャンネルのシステムがあり、サンプル測定箇所が複数ある場合に、コスト効率の高い測定ができます。

シングルファイバー、マイクロバンドルファイバーの両方を同一システムに接続することができるため、様々なタイプのサンプルが1台の装置で測定できます。

FDAの指針に従ったPATツール

NIRS XDSプロセスアナライザでは、FDAの規制に従って、メトローム プロセス アナリテックスで開発した分析工程を実装することができます。

その主な利点は、時間のかかるラボ分析を行わなくても、リアルタイムでプロセス分析結果が得られることです。

Vision:使いやすい“オールインワン”のNIRSソフトウェアプログラム

NIRS XDSプロセスアナライザは、メトロームのVisionソフトウェアで制御します。

この使いやすい独自のソフトウェアは、データ収集全般、定性および定量メソッド開発、機器診断に用いることができます。

様々なプロセス制御プロトコルが利用可能:4~20 mA、OPC、Modbus、Profibus。

ダウンロード