846ドージングインターフェース

ラボで精密分注などの溶液に関わる操作を自動化する場合、ドージングインターフェースは理想的なソリューションです

分注操作が、846とコントローラだけで操作できるほか、自動滴定装置やサンプルチェンジャーなどに組み込んで、システムの拡張性を広げることもできます。

846 ドージングインターフェースは、タッチコントロールやtiamo®PCソフトウェア経由で直接操作できるため、滴定装置とは別に独立して使用することも可能ですので、846とタッチコントローラ(又はtiamo®)さえあれば、複数の試薬の自動分注、転送、希釈といった操作も1台で実行できます。 またいずれの場合もFDA 21 CER Part11に準拠しています。

846 Dosing Interface with Touch Control unit

特長

  • サンプル調整の自動化と時間短縮に
  • 個人差をなくして再現性のある結果をお求めの方に
  • 分注の精度と精密さを向上させたい方に
  • サンプルチェンジャーの分注工程を自動化したい方に

846単体で分注工程を自動化

ドジーノインターフェースは以下のような自動化に最適です:

  • ピペッティング
  • 液体の移送
  • 希釈
  • 分注
  • ディスペンス
846ドージングインターフェースを単体でご利用になる場合は、タッチコントロールを接続することで簡単に操作が行えます。

846ドージングインターフェースには、20mL電動ビュレットとタッチコントロールがセットになったパッケージがございます。

> 846ドージングパッケージの詳しい情報はこちらから…

お持ちのメトロームシステムをさらに拡張して自動化

メトロームの自動滴定装置やサンプルチェンジャーシステムで分注工程や試薬添加工程をさらに自動化したい場合、846ドージングインターフェースを接続することで簡単に拡張できます。

MSB(メトロ-ムシリアルバス)とUSBポートを利用して、各種装置にドージングインターフェースをはじめとしてプリンタ、キーボード、バーコードリーダー、天秤、USBハブなどを接続することができます。

ダウンロード