サンプル処理能力だけでなく、結果も向上 – イオンクロマト用多検体自動化システム

イオンクロマトグラフを自動化する理由は明白です。

サンプル処理能力が向上し、結果の再現性も高まるので、分析結果の質が向上します。また、1回の分析にかかる時間が短縮されるため、コストの削減につながり、分析業務での利益が拡大します。

サンプル数や前処理の多さに関わらず、メトロームはお客様のニーズに対応したさまざまな自動化ソリューションを取り揃えています。

940 Professional IC Vario with 858 Professional Sample Processor

特長

  • 大量のサンプルを年中無休で無人分析
  • サンプル処理能力が向上し、分析1回あたりのコストを削減

  • 分析結果の精度と正確さが向上

  • 1台のオートサンプラで陽イオンと陰イオンの同時分析が可能

  • 1つまたは複数のMISP(メトロームインラインサンプル前処理)テクニックを利用可能

ICオートメション システム (26)

全ICオートメション システムを表示 (26)

すべてのお客様に満足いただける検体数と検体量

メトロームのイオンクロマトグラフ自動システムは、本当の総合ソリューションです。

対応できる連続検体数は、数検体から200検体以上まで、量としては数マイクロリットルから0.5リットルまで対応します。バイアルは事実上、どんな種類、形状のものにも対応しています。
お使いのバイアルビンに合わせてサンプルラックのカスタマイズが必要であれば、メトロームが特注対応で製造いたします。

メトロームインライン自動前処理システム

メトロームインラインサンプル前処理テクニックは、イオンクロマトグラフの自動化を大幅に広げます。

例えば、インラインウルトラフィルタレーション、インライン希釈、インラインダイアリシス、その他のさまざまな状態のサンプルの前処理の自動化を実現します。(例;懸濁液、タンパク質などの粒子を含む溶液、固体、ガスなど)

MISPについてのさらに詳しい情報は、 こちらをクリック!


システム構成は無限の可能性

サンプル注入方法には、サンプルを溶液にして注入準備を整える方法など、選択肢は事実上無限にあります。 

ポンプ、バルブ、ドジーノはどのような構成が必要であれ、また、冷却が必要なサンプルであっても、あるいは、どのような高度な注入テクニックが必要であれ、メトロームはお客様のニーズに合わせた完全自動化ソリューションを提供しています。

プロフェッショナル IC Varioコンパクト IC Flex のページにより詳しい構成についての情報があります。

より広い測定範囲に対応するインテリジェントサンプル注入テクニック

メトロームのイオンクロマトグラフであれば、フルループ、インターナルループ、メトロームインテリジェントパーシャルループインジェクションテクニック(MiPT)、メトロームインテリジェントピックアップインジェクションテクニック(MiPuT)と、あらゆる高度な注入テクニックが利用できます。

《MiPT》は注入容量が可変で、4種類のオーダーの測定レンジに対応しています。つまり、10μg/Lから100mg/Lまでのサンプルが、たった1度のキャリブレーションで分析できるということです!


自動同時分析 – 陰イオン&陽イオンの同時分析がオートサンプラ1台で実現

陰イオンと陽イオンを並行して分析しなければならない場合でも、メトロームのイオンクロマトグラフは1台のオートサンプラを共有して陰陽イオン同時分析といった高いサンプル処理能力を実現できます。

このようなシステムは、事実上どんなサンプルでも、どんなサンプル状態でも、完璧にイオン化して注入し、システムに応じて、1年365日、無人分析が可能です。

自動キャリブレーション – 簡単です!

サンプルだけでなく、標準試料も自動希釈できることは言うまでもありません。メトロームなら自動校正(オートキャリブレーション)も可能です。例えば、複数のイオン物質を含むマルチイオン標準試料を1つ用意するだけで自動校正が行えます。メトロームのICシステムなら異なる希釈ファクター、注入量により、多点校正を自動で行います。
  • 自動校正:複数のイオン物質を含むマルチイオン標準試料を1つ用意するだけでOK
  • メトロームのICシステムには、インライン濃縮、インラインマトリックス除去、インライン中和化だけでなく、メトロームインライン希釈、メトローム可変注入、メトロームピックアップ注入といった機能が装備されています。
  • 高い柔軟性:複数の希釈ファクターや注入量の設定を1つのメソッド内で設定
  • 6桁までのサンプル濃度は自動校正可能

ダウンロード