酸化安定性試験装置892プロフェッショナルランシマットは、食品、医薬品、化粧品などに含まれている天然の油や脂肪分の酸化安定性をランシマット法を用いて簡単・迅速に測定する装置です。

酸化安定度試験装置893プロフェッショナルバイオディーゼルランシマットは、バイオディーゼル(脂肪酸メチルエステル、FAME)やバイオディーゼル混合品の酸化安定性を測定します。

熱安定試験装置895プロフェッショナルPVCサーモマットは、脱塩化水素処理(DHC)の手法を用いて、ポリ塩化ビニル(PVC)その他の塩素含有樹脂(ポリマー)の熱安定性を測定するものです。

いずれの装置も酸化による分解や熱劣化など、サンプル内で起こっている劣化反応を加温により再現し、劣化速度を大幅に加速させます。酸化安定性度(OSI)としても知られる誘導時間かポリマーの場合は安定時間を測定します。これらは全て、各国標準ならびに国際標準に準拠しています。

  • 酸化安定性試験装置(892):CDM試験法、AOCS Cd 12b-92、ISO 6886準拠
  • 酸化安定度試験装置(893):ASTM D6751、D7467、EN 14112、EN15751、EN 16568 準拠
  • 熱安定性試験装置(895):ISO 182 Part 3 準拠
  • 酸化安定性試験装置892税抜き参考価格:300万円(仕様により価格は変わります)

Rancimat brochure

Biodiesel Rancimat brochure

PVC Thermomat brochure

酸化安定性試験とは?

https://s7e5a.scene7.com/is/image/metrohm/3612?ts=1639464432799&dpr=off

メトロームの実績あるランシマット法は、加熱して、連続通気することでサンプルの劣化プロセスを促進して安定性を測定するものです。揮発した酸化生成物を気流がサンプル容器から蒸留水の入った容器に移送します。そして装置で水の伝導度を測定します。急激に伝導度が大きく上昇するまでの時間で誘導時間が測定できます。

誘導時間は食品業界における油脂の品質検査の標準パラメータです。

ポリマーの熱安定性試験とは?

https://s7e5a.scene7.com/is/image/metrohm/3611?ts=1639464470345&dpr=off

ポリマーサンプルを加熱して分解を促すことで脱塩化水素試験を行います。ポリマーは分解すると、塩化水素(HCl)を放出します。窒素を連続で流して、放出されたHClをサンプル容器から蒸留水の入った容器に移送します。一方で、サンプル容器中の伝導度を連続測定します。HClが放出されると、伝導度が上昇します。測定開始時と比較して、伝導度が50 µS/cm上昇するまでの時間が安定時間で、熱安定性の測定値となります。

個別測定もバルク分析も可能

https://s7e5a.scene7.com/is/image/metrohm/3609?ts=1639464507426&dpr=off

安定性試験装置には測定ポジションが8つあり、1つずつの測定から開始することが可能です。

しかし、より大量のサンプルを連続測定したい場合は、4台まで装置を連結して、最大32サンプルを一度に測定することができます。

StabNetソフトウェアが装置の制御、データ評価、管理、保存すべてを網羅

https://s7e5a.scene7.com/is/image/metrohm/StabNet_Logo?ts=1639464572049&dpr=off

StabNetは、安定性試験の本格的なソフトウェアです。StabNetが装置の制御、および測定値の計算、データベース管理、レポートの作成までのデータ処理をすべて行ってくれます。

必要に応じて、クライアントサーバーネットワークにStabNetを組み込むことも可能で、データアクセスやデータの管理、ユーザー権限の管理について機能を追加することができます。

お客様の声

お問い合わせ

酸化安定性試験装置に関するお問い合わせは、に関するお問い合わせは、メトロームジャパンまでお気軽にご連絡ください。  e-mail : metrohm.jp@metrohm.jp

ホワイトペーパー:化粧品に含まれる油脂の品質管理

ホワイトペーパーをダウンロード

酸化安定性試験装置 ランシマットを使用して、天然油脂の酸化安定性評価をおこなう方法を解説しています。

熱安定性試験装法のアプリケーション検索