迅速、簡単、使いやすい – 近赤外分析(NIR)ができること:

  • 1分弱で複数項目を素早く測定
  • 危険な試薬も使わずにサンプル前処理の必要なし
  • 誰でもルーチン分析が可能

ランニングコストを90%以上削減!

ホワイトペーパーをダウンロード

こちらの技術資料では、近赤外分光法に関する紹介と、NIRを品質管理に使用する方法を解説し、ポリマーおよび石油関連で実際に行えるアプリケーション例を紹介し、ROI(投資利益率)計算の例も詳しく説明します。 ※日本語和訳版

日本語版はイプロス外部サイトより無料ダウンロードできます。 Iprosのダウンロードページへアクセス

定性定量分析や物性測定で近赤外分析が使えるアプリケーション

ポリマー分野のアプリケーション

ポリマー分野

ポリマーの種類を定性しメルトフローインデックス (MFI)、固有粘度、密度、添加剤含有量等のレオロジーや化学的項目を1分未満で測定します。

ポリマー関連のアプリケーションをダウンロード

ポリオール分野のアプリケーション

ポリオール分野

ASTM D6342およびASTM E1655により、水酸基価、イソシアネート含有量、水分などの測定項目に対するコストと時間の削減効果を確認いただけます。

ポリオール分野のアプリケーションをダウンロード

石油分野のアプリケーション

石油分野

品質管理にかかるコストを削減できます。ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料などは、ASTM E1655準拠による近赤外分析 (NIR) は、RON、セタン指数、引火点を正確に測定できる迅速な代替測定法です。

石油分野のアプリケーションをダウンロード

品質管理(QC)における近赤外分光分析(NIRS)の利点

近赤外分光分析とは (NIRS)?

近赤外分光は、780〜2500 nmの電磁スペクトルの近赤外領域に焦点を当てた分光法です。 中赤外分光法(主にFT-IR)およびラマン分光法とともに、近赤外分光法は振動分光法のグループに属します。 産業用および化学分析用の最初の近赤外分光計は、1980年代に開発されました。 NIR分析法には、主に2つのタイプがあります。フーリエ変換型(FT-NIR)と分散型(NIR)です。 モノクロメータとホログラフィックグレーティングを備えた分散型分光器の利点は、可視(Vis)分光と近赤外(NIR)分光を組み合わせ、1回の実行で多数のパラメータの定性(識別と定性)および定量分析ができることです

近赤外分光分析(NIRS)は何に使われる?

近赤外分光法には、サンプルの化学的および物理的項目を測定するための品質管理および品質保証に関する多くのアプリケーションがあります。 したがって、化学品、医薬品、石油、ポリマー製造、化粧品、パルプ、紙、パーム油など、さまざまな分野での用途に適しています。

湿式分析と比べて近赤外分光分析(NIRS)の優れている点は?

近赤外分析法は、試薬を使用する従来の湿式分析法と比べて以下のような利点があります。

  • 危険な溶媒や試薬を使わないため、環境にやさしい分析法です。
  • 専門家でなくても測定でき、化学、化学分析の知識は必要ありません。
  • ユーザーが慣れるまでの時間が短いため、オペレーターのトレーニングが短時間ですみます。
  • 非破壊分析です。つまり試料は分析中に化学的変化を受けず、再利用できます。
  • 迅速に測定ができ、1分未満で正確な結果が行えます。
  • 複数項目を一度に測定できます。

湿式分析法から近赤外分析法にすると、多くのケースで大幅なコスト削減と大幅な時間の節約が可能になります。 近赤外分析装置(NIR)を導入した場合、一般的に損益分岐点にすばやく到達し、投資収益率(ROI)の計算は非常に良い結果を示しています。