シアン化物は、鉱石から金を抽出するための採掘作業や電気めっきなど、一部の工業プロセスで使用されます。注意深く取り扱わないと、シアン化物が廃水を汚染する可能性があります。酸性または中性の環境では、シアン化物で汚染された廃水は、非常に有毒なシアン化水素ガスを形成する可能性があります。さらに、シアン化塩は環境を汚染し、地下水系へと侵入することもあります。そのため、流出水中のシアン化物含有量をモニタリングすることは不可欠です。

シアン化物は、シアン化物イオン選択性電極を用いて簡単に測定できます。このApplication Noteでは、APHA Method 4500-CN および ASTM D2036 に準じたシアン化物分析のメソッドを紹介します。0.06 mg / Lの濃度までシアン化物含有量を測定することが可能です。イオン濃度測定は、イオンクロマトグラフィーなどの他の手法と比較して迅速かつ安価な方法であり、プロセス監視システムに簡単に統合できます。

このアプリケーションは、スパイクされた地下水サンプルで示されています。

サンプルは、前述の基準に従って準備されました。したがって、サンプルからシアン化物を放出するために、蒸留が実行されます。サンプルは最初に酸性化され、次に蒸留されます。酸性化によりシアン化物塩がシアン化水素に変換され、シアン化水素がアルカリ性溶液に吸収されます。

水サンプル中のシアン化物を測定するためのシアン化物イオン選択性電極を備えたOMNIS基本滴定装置。
Figure 1. 水サンプル中のシアン化物を測定するためのシアン化物イオン選択性電極を備えたOMNIS基本滴定装置。

この分析は、シアン化物イオン選択性電極(CN ISE)を備えたOMNIS基本滴定装置で実行されます。

サンプルのイオン濃度測定の前に、4つのシアン化物標準を使用したキャリブレーションが準備されます。キャリーオーバーを回避するために、最低濃度標準が最初に測定されます。

すべての測定は、再現性を向上させるためにサーモスタット付きの容器で実行されます。

このサンプルには、1.70 mg / Lのレベルのシアン化物が含まれています(n = 3、SD(abs)= 0.05 mg / L、SD(rel)= 2.98%)。

Figure 2. 蒸留後のスパイク地下水中のシアン化物測定値(mg / L)の例示的な曲線。

APHAメソッド4500-CNおよびASTMD2036によるシアン化物の安価な測定は、シアン化物イオン選択性電極を使用して簡単に実行できます。この方法では、0.06 mg / Lという低いシアン化物含有量を測定することができます。したがって、イオン測定は、イオンクロマトグラフィーなどの他のテクノロジーの実行可能な代替手段となります。

測定にOMNISTitratorを使用すると、ニーズに応じてシステムをカスタマイズでき、水の品質管理に必要な他の滴定アプリケーションに拡張することができます。

作成者

Metrohm AG

Ionenstrasse
9100 Herisau

お問い合わせ