DropSens社製のスクリーンプリント電極は、小さな基板の上に印刷技術で作用極、対局、参照極を設け、少量サンプルでも電気化学測定を可能にします。

作用電極の材質により、カーボン電極金電極白金電極銀電極チタン電極ビスマス電極酸化ルテニウム電極パラジウム電極など様々な種類が揃っています。
さらにDorpSens社のスクリーン電極には、インピーダンス、導電率測定、(バイオ)センサー開発向けのくし型電極もございます。

  • 手頃な価格で1回使い切りのセンサー。電極のメンテナンスが不要
  • 少量しか合成できない有機化合物の分析に
  • 小型で丈夫で使いやすく現場使用にも最適
  • 用途が広くカスタマイズも可能:様々な構成、サイズ、材質を用意
  • インピーダンスまたは導電率測定用くし形電極も用意

すばやい結果、低コスト、メンテナンス不要:スクリーン電極

スクリーンプリント電極特長

スクリーンプリント電極で、お客様の測定を簡単にします。小型で価格も手頃なセンサーを用いれば、少量のサンプルによる分散化実験が現場で行えます。この電極は1回きりの使用を念頭に置いて設計されているので、前処理やメンテナンスの心配がいりません。

DropSens (ドロップセンス) のスクリーンプリントセンサーの作用電極は、カーボン、金、白金、銀、チタン、ビスマス、酸化ルテニウム、パラジウムなど様々な材質のものがあります。

このセンサーは電極間の再現性が高いため、DNA、酵素、免疫ベースの(バイオ)センサーや、臨床、環境、食品、工業分析におけるセンシングプラットフォームの開発など、幅広いアプリケーションに適しています。

プリントスクリーン電極使用例:
電気化学測定装置による迅速ウイルス遺伝子検出
2009年に専門誌Electroanalysisに金スクリーンプリント電極を使用したSARSウィルス遺伝子センサーの開発に関する論文が掲載されました。論文は英文です。

インピーダンス/導電率測定を容易にするくし型電極

くし型電極

インピーダンスあるいは導電率を測定したい場合や、(バイオ) センサーを開発しようとする場合は、メトロームのくし型電極が便利です。

この電極は、幅5~200 μm、間隔5~200 μmの2つのメタルディジット対電極で構成されています。

DorpSens社 (ドロップセンス社)では、これらのセンサーを基板材料、電極材料ともに様々な材料を取り揃えて提供しており、お客様が自由自在に実験を設計できるようにしています。

測定、電極:カスタマイズ用オプション

スクリーンプリント電極問い合わせ

DropSens社 (ドロップセンス社) では、お客様のニーズに合わせて、電極の設計、構成、材質、寸法を特注調整することが可能です。

お問合せいただければ、メトローム ドロップセンス社で新材料をテストしたり、新しい構造を試したりすることも可能です - 可能性は無限大です。

 

スクリーンプリントとフォトリソグラフィ技術

スクリーンプリントおよびフォトリソグラフィ技術において、インクの使用や電極材料により、幅広い組み合わせのオプションが可能になります。スクリーンプリント電極の製造プロセスでは、固体材料の上にインクの層を堆積させる工程があります。

そのためにメトローム ドロップセンス社では、お客様の測定に合わせた材質、構造、寸法で、お客様のニーズにぴったり合う電極を製造しています。

カスタマイズ電極組み合わせオプション例

 電極素材
基盤材料
  • カーボン
  • 白金
  • 銀、銀/塩化銀
  • ガラス
  • アルミナ
  • プラスチック
  • ...