892 プロフェッショナルランシマット : 酸化安定性試験装置

892プロフェッショナルランシマットは、食品、医薬品、化粧品などに含まれている天然の油や脂肪分の酸化安定性をランシマット法を用いて簡単・迅速に測定する装置です。 サンプルの面倒な前処理や有害な有機溶媒は必要ありません。

サンプルを専用のガラス容器内で高温状態にして劣化プロセスを早め、酸化が活発に起こり始めるまでの経過時間、つまり誘導時間または酸化安定性度(OSI)を測定します。装置の操作、測定結果の評価、データ管理は、ユーザーフレンドリーなStabNet PCソフトウェアで行うため、ランシマット法による分析を安全かつ手軽に行えます。

892 Professional Rancimat with operator

特長

  • CDM試験法、AOCS Cd 12b-92、ISO 6886準拠
  • 装置のコントロール、測定結果の評価、およびデータ管理用の使いやすいStabNetソフトウェアが標準付属
  • 最大8サンプルまで同時分析可能
  • 化粧品や医薬品クリームに含まれる油脂の酸化安定性試験
  • インスタントラーメン、ポテトチップス、てんぷら油、バターなどに含まれる油脂の酸化安定性試験

品質管理から研究開発まで幅広いアプリケーションに対応

ランシマットは、植物油や動物油の酸化安定性を測定したり、酸化防止剤の効果を調べたりするのに最もよく用いられている測定法です。

その他には、インスタントラーメンクッキーポテトチップスせんべいおかきビスケットてんぷら油ゴマ油オリーブ油シリアルバターナッツといった脂肪含有食品や、油脂を含む化粧品、医薬品の酸化安定性の測定などがあります。また、製品に添加する抗酸化剤の性能試験にも応用できます。

ランシマット法についての詳しい情報は、こちら をクリック!

各国の公定法や国際標準に従った測定法

ランシマット法は、以下のようなさまざまな公定法や国際標準に準拠しています。

  • 基準油脂分析試験法(CDM試験法として収載済み)、日本
  • AOCS Cd 12b-92 (AOCS – American Oil Chemists’ Society) Sampling and analysis of commercial fats and oils: Oil Stability Index
  • ISO 6886 Animal and vegetable fats and oils – Determination of oxidative stability (accelerated oxidation test)

最新のStabNet software PCソフトウェアで行う測定、解析、アーカイブ

StabNetは、ランシマットのコントロールハブです。装置の各機能はStabNetを搭載したPCでコントロールされています。

測定結果の評価、過去に測定して蓄積したデータベースへのアーカイブなどもできます。

StabNetについての詳しい情報は、こちらをクリック!

ランシマットは複数検体の同時測定などマルチタスク対応

ランシマットには8つの測定ポジションがあり、独立した2つの加熱ブロックにそれぞれ4つずつ装備されています。

両ブロックは独立しているので、加熱ブロックで同時に異なる2つの温度を設定することができます。測定は装置上で直接、個々に開始することもでき、サンプルをセットすれば測定が開始されます。

1台のPCで最大4台の酸化安定性測定装置を制御

たくさんのサンプルを測定する必要がある場合には、1台のPCでランシマットを最大4台まで接続して操作することができます。

これにより、1台のPCで最大32サンプルまで同時測定することが可能となります。

使い捨て容器で洗浄時間やコストを節約

ランシマットは、費用のかからない使い捨ての反応容器を使用しています。

したがって、こびりついた汚れを落とす必要がなく、時間のかかる測定後の洗浄をしなくてすみます。時間とコストの節約につながるほか、使いきりの容器を使用しているため、次サンプルへの影響を回避でき、測定結果の再現性が向上します。

世界的に認められたランシマット法

ランシマット法は、酸化安定性測定に関して、世界中で認められている方法です。

サンプルを加熱して空気を連続でサンプル中に流すことにより、サンプルの劣化プロセスを早める手法です。空気の流れで揮発性の酸化物質をサンプル容器から蒸留水を入れた容器に送り込み、この水の伝導率を連続で測定します。酸化物質が形成された時点で、容器内の伝導率が上昇します。曲線の屈曲で示される伝導率の急な上昇が誘導時間です。

ダウンロード