産業別アプリケーションの紹介

環境分析

石油化学&バイオ燃料分析

医薬品

環境分析

環境分析では、許容限界と試験メソッドを規定している国際的に認められた標準が必要です。その点、メトロームの装置およびアプリケーションは、多数の国際的な環境標準に準拠しています。

環境に持ち込まれた物質は、水、土壌(堆積物)、大気という環境区分、ならびにそこに住む有機体(生物圏)にばら撒かれます。しかし、こうした汚染物質の種類および量がわからなければ、環境やそこに住むものを保護することはできません。

大気

大気は、気体(大気)中に細かく分散して広がった固体粒子や液体粒子の異質成分から成る混合物です。サンプリングはフィルタリングと連続法を用い、強力な連続サンプラーがオンラインで作動するなか、フィルタリングがオフラインで長期にわたってデータを蓄積していきます。これらは、1台または複数台の強力な分析装置と直接組み合わせて、もちろんインラインで使用されます。

さらに詳しく

土壌

土壌はあらゆる種が共存する多相系です。したがって、土壌を正確かつ精密に分析するには、サンプル前処理が非常に重要です。そこでメトロームでは、様々なタイプの土壌および堆積物に対応するサンプル前処理技術と分析メソッドを取り揃えています。

さらに詳しく

大規模な工場などで生み出される100,000もの化合物が、私たちの水源には流入しています。そのため、私たちの水資源を保護する規制や標準が多数存在します。

そうした規制遵守のお手伝いとして、メトロームでは、あらゆるタイプの水サンプルに対応する装置類とアプリケーションを取り揃えています。

さらに詳しく

石油化学&バイオ燃料分析

原油は、非常に複雑な炭化水素混合物です。脱塩、蒸留、精製によって、原油をパラフィンや芳香族化合物、ナフテン、オレフィンなどの高品質炭化水素に分留変換します。これらのいわゆるPIANO化合物を様々な比率で配合すると、様々な燃料や潤滑油ができあがります。現在は、化石燃料をバイオ燃料とブレンドすることが、ますます多くなっています。

ブレンドのプロセスも精製のプロセスも非常に難しく、信頼できる正確な分析が必要です。化石燃料を扱うにしろ、バイオ燃料を扱うにしろ、国際標準に従ってそれらを分析する場合は、メトロームが皆さまの専門家となります。

燃料 – パラフィン、芳香族化合物、ナフテン、オレフィン

パラフィン、芳香族化合物、ナフテン、オレフィンは主な石油化学製品群で、揮発性、半揮発性の化石燃料(ガソリン、ディーゼル油など)を作る多くの化合物が、これらの石油化学製品群に由来しています。複雑な組成の燃料は、ラボでも製造工程でも、迅速かつ正確な分析メソッドが要求されます。

さらに詳しく

バイオ燃料

環境へのインパクトを最小限に抑えつつ、食品原料や広い農地を必要としない先進のバイオ燃料テクノロジーの研究が多数行われています。中期的には、次世代のバイオ燃料が、エネルギーの未来を支える可能性があります。このコンテクストに沿って、バイオ燃料の分析が研究開発でも生産でも重要な役割を果たします。

さらに詳しく

潤滑油

潤滑油にはベースオイルのほかに、望みどおりの性質を得るために、幾多の添加剤が含まれています。ベースオイルは、鉱物、人工物、植物由来ですが、添加剤のほうは、主に酸化防止剤、浄化剤、腐食防止剤、増粘剤などが用いられます。潤滑油の化学的・物理的性質を分析する際には、特に添加剤を考慮しなければなりません。

さらに詳しく

医薬品分析

医薬品分析を行うと、分析化学を用いて、医薬品の固有性、成分、品質、純度、安定性がわかり、薬品の安全性が保証されます。メトロームは、品質管理および製薬プロセスのモニタリングならびに改善のための装置、アプリケーションを広範囲に取り揃えています。薬局方に準拠した多数の分析メソッドに対応し、メトロームは信頼できるパートナーとして、あらゆる化学医薬品分析の課題克服、分析メソッドの検証をお手伝いします。

国際的な薬局方ならびに各種ガイドラインに従ってメトロームは、医薬品有効成分(API)、添加剤、不純物、水剤のほか、医薬品原料、最終製剤(FPP)の分析をご提供しています。また、メトロームには、アットラインやオンラインでのプロセスコントロールに向けた湿式化学法や、各種規制をすべてクリアする、コスト効率の高い製造プロセスを実現するための、インラインのモニタリングメソッドも多数あります。

医薬品有効成分(APIs)

国際的な薬局方ならびに各種ガイドラインに従ってメトロームは、医薬品有効成分(API)、添加剤、不純物、水剤のほか、医薬品原料、最終製剤(FPP)の分析をご提供しています。また、メトロームには、アットラインやオンラインでのプロセスコントロールに向けた湿式化学法や、各種規制をすべてクリアする、コスト効率の高い製造プロセスを実現するための、インラインのモニタリングメソッドも多数あります。

さらに詳しく

不純物の分析

水分も含めて医薬品に含まれる不純物は主に原料または医薬品有効成分の合成中に混入されます。これらは ICH(日米EU医薬品規制調和国際会議)および薬局方双方の指示に従ってモニタリングされます。不純物はごく微量であっても深刻な副作用を引き起こす可能性があります。

さらに詳しく

医薬品製造過程の試験管理

医薬品製造工程におけるモニタリングの成否は、最新のイオン分析および分光分析のメソッドに大きく依存しています。前者 – 主に湿式化学法 – がオンラインまたはアットラインでの測定で好まれるのに対して、近赤外線分光法(NIRS)は、特にFDAのPATおよびQbDイニシアティブの観点から、インラインでのモニタリングに最適です。

さらに詳しく

食品・飲料分析

表面処理(めっき)分析

エネルギー&発電プラントでの分析

食品&飲料

今日の食品&飲料(F&B)は、生きるために必要な、単なる「有機燃料」をはるかに超えています。そうした栄養価以上に、これらはその味、風味を楽しむために消費されます。飲食品はますます、健康維持の源であると同時に、質の高い栄養摂取による健康増進の源になってきました。また、加工食品の数がますます増え続け、食品の品質と安全性の側面がますます重要になってきています。食品は多くの化合物を含む非常に複雑な成分配合 – 劣化や不純物混入しやすい – であるだけに余計に、そうした面の管理が重要です。

分析化学の発展により消費者は、規制当局の必要要件を満たす安全で衛生的な食品を入手することができます。栄養情報、食品のトレーサビリティ、虚偽記載防止も課題です。分析化学は、堅牢で効率がよく、感度の高い装置類を提供することで、プロセスの観点から、製造業者が生産量を増やして、最適な品質を維持できるようサポートしています。お客様のお悩みが何であれ、メトロームが皆さまの信頼できるパートナーとなります。

ジュース&飲料水

カロリーとしての貢献はないものの、水はほとんどの生命体にとって、生存に最も必要なリソースです。ビバレッジも主な成分は水であり、水はほぼすべての食品に含まれています。水およびビバレッジの分析方法を知っている者がいるとすれば、それはメトロームです。270を超えるアプリケーションがその専門知識の深さを証明しています。

さらに詳しく

ミルク&乳製品

ミルクには生きていくために必要なほぼすべての栄養素が含まれています。脂肪、高品質のタンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラル。これは一次食品であり、原料として、驚くほどいろいろな形に加工される可能性があります。乳製品はおそらく、すべての食品群のなかで最も多様なものでしょう。タンパク質および脂肪マトリックスのために、ミルクおよび乳製品サンプルは、サンプル前処理が必要です。メトロームの装置は、そうした退屈でミスの起こりやすいサンプル前処理業務に対応するよう開発されました。メトロームの装置なら、迅速かつ正確で、経済的です。

さらに詳しく

食用油脂

油脂は、私たちの主な栄養源の一部で、風味や舌触りをよくすることから、乳化したり、熱を伝える媒体としての役割を果たしたりすることまで、様々な機能を担います。油脂含有食品(マーガリン、マヨネーズ、ヌードル、ナッツなど)の栄養価を測定するには、脂肪パラメータ(ヨウ素価、過酸化物価、酸価など)のほか、イオンおよび水分量の測定が必要不可欠です。油脂は劣化しやすいので、酸化安定性の測定も欠かせません。こうした分析こそ、メトロームの得意とするところです。

さらに詳しく

表面処理(めっき)分析

電気めっきの技術を用いた表面被膜および表面処理は、非常に高度なプロセスです。金属パーツの表面仕上げであろうと、プリント基板の表面処理であろうと、中間製品および最終製品に必要な品質は、処理浴の組成が正しくなければ得られません。それと同時に、原材料およびエネルギーコストの高騰により、生産をできるだけ効率よく行うことが絶対的に必要になってきています。

メトロームは化学分析装置のリーディングメーカーとして、電気めっきの技術を用いた表面被膜および表面処理の課題に取り組んでいます。メトロームは、お客様のめっき工程の品質を、ラボレベルでも工業環境レベルでも制御して最適化する最新装置を提供しています。

化学品原料の品質管理

電気めっき浴に投入する基礎化学品および原材料の品質管理(QC)方法を紹介します。

さらに詳しく

めっき浴主成分モニタリング

電気めっき浴の主成分をモニタリングするアプリケーションを紹介します。

さらに詳しく

めっき浴副成分モニタリング

電気めっき浴の有機および無機添加剤のモニタリングするアプリケーションを紹介します。

さらに詳しく

エネルギー&パワープラントでの分析

人口の増加 – 毎年約8000万人増加 – と国々の工業化により、電力に対する膨大なニーズが生まれています。国際エネルギー機関(IEA)によると、全世界のエネルギー需要は、2035年には約65%増加するといいます。必要なエネルギーの大部分は今後も、火力 – 主に化石燃料と原子力 – 発電所によって供給されます。太陽光発電(PV)などの「再生可能」エネルギーは、エネルギー供給のもう1つ別の支えになります。再生可能エネルギーをグリッドに分配するには、スーパーキャパシタやバッテリー、燃料電池などの、強力なエネルギー貯蔵装置と変換装置が必要です。

これらの技術を最大効率で機能させるには、電力設備を構成するすべての要素が、最高レベルで機能しなければなりません。火力発電所における水化学のモニタリングであれ、太陽電池や電池電解液の湿式化学処理やエネルギー貯蔵装置の電気化学的な測定であれ、メトロームが適切な分析ソリューションをご提供します。

発電所での分析

かなりの電力が、化石燃料または原子力発電所で生みだされています。これらの発電方法には、タービンを回すための蒸気回路が含まれています。リアクター内は条件が過酷で、腐食を引き起こしやすく、そうなると発電所の発電量が低下したり、故障したり、場合によっては発電所の安全性を脅かします。発電所で水化学のモニタリングが最も重要なのは、そのためです。発電所が直面している課題とメトロームがご提供できるソリューション詳細:

腐食の測定 2サイクル発電の水分析 3サイクル発電の水分析

太陽光発電

光(PV)電池または太陽電池は光エネルギーを直接電気に変えます。一般的には、単結晶または多結晶シリコン、薄膜太陽電池、または第3世代の多層電池で構成されています。

結晶シリコン、薄膜(CIS/CIGS、CdTe、a-Si)、その他の電池タイプの完全統合された浴分析に加えて、メトロームは、エッチング速度や表面の特性をコントロールするリアルタイムのメソッドもご提供しています。さらに、色素増感その他の太陽電池の(光)電気化学的プロセスの簡単な分析装置ならびにメソッドもご提供しています。

太陽光発電

エネルギー貯蔵と変換

エネルギーの需要と供給が一致することは稀です。特に、再生可能エネルギーはあまり効率よく蓄えておくことができないので、必要なときにすぐに利用できないことが少なくありません。電気化学的システム、化学的システム、電力貯蔵(EES)システム – 主にバッテリー、スーパーキャパシタ、および燃料電池 – は可用性とエネルギー需要のバランスを取る有望な手段です。

メトロームは電気化学分析装置の世界的メーカーであり、世界中の研究者が、材料および電池の製造、特性評価、開発にメトロームの先進の装置を使用しています。

エネルギー貯蔵と変換

ポリマー&プラスチック分析

化学製品の分析

防衛&治安

ポリマー&プラスチック分析

合成高分子およびプラスチックは、現代生活を支えるものです。その多様性および物理的性質から、プラスチックおよびポリマーは、現代生活のほぼすべての側面に浸透しています。航空機および車、あらゆる種類の梱包、医療機器および製品、エレクトロニクスなどなど – 高品質のハイテクプラスチックがなければ、私たちが今日、日常生活で使用している大半の製品は、まったく違ったものになっていたでしょう。

ポリマー製造は、高純度の原材料で複雑な反応を起こして、ポリマーや樹脂、ゴム、ガムに変える難しいプロセスです。仕様に合わせた製品を作るには、製造工程を通じて、材料とプロセスを監視していなければなりません。ということは、特定の非常に正確な分析技術の使用が欠かせないということです。メトロームは、ポリマー分析の課題解決に必要な装置類およびノウハウの提供に力を入れています。

原材料の品質管理

ポリマー製造に使用される原材料は、最終製品の観点から、その品質が非常に重要です。粗悪な原材料だと、質の低いポリマーしかできません。品質以外にも、市場投入の時期、効率、正確さといったことも、受入検査では重要な役割を果たします。材料検査をもっと容易に、すばやく、もっと正確にするために、メトロームにできることをご覧ください。

さらに詳しく

反応モニタリング

重合反応は、ポリマー製造の要です。この工程は、偶然任せにはできません。したがって、どこで反応が起こるかを操作して、すぐに結果の出るメソッドが必要です。メトロームの反応モニタリングソリューションをご覧ください。メトロームは、リアルタイムで結果がわかる分光測定器と、オンラインで正確に自動分析を行ってくれるプロセスアナライザーを広範囲に取り揃えています。

さらに詳しく

ポリマーの品質管理

ポリマーは、様々な原材料および添加剤を含む複雑な反応およびプロセスの結果です。最終製品はしたがって、仕様に合っているか徹底検査しなければなりません。メトロームの装置およびアプリケーションなら、添加剤や共重合体レベル、水分量、ハロゲン、残留モノマーや不純物など、様々な物質、パラメータが測定できます。

さらに詳しく

化学製品の分析

原材料をほぼすべての業界で使用されている、70,000種を超える製品に変えるという意味では、化学業界は世界経済の中心に位置し、おそらく近代文明を担っていると言っていいでしょう。業界的に、化学業界の寄与なく存在する製造物はほとんどなく、だからこそ、19世紀になってはじめて、化学、特に有機化学が、ヴェーラーの尿素合成によって飛躍したのは注目に値します。

わずか数十年のあいだに、重要な工業プロセスが多数開発され、それが今なお今日の化学プロセス - 例えば、塩素アルカリからソルベー法まで - を形づくっています。高度技術、高純度の化学物質の製造には、安全で信頼できる分析ソリューションが必要です。この分野で、メトロームが皆様に何をご提供できるか見ていきましょう。

原料化学(汎用化学物質)

原料化学製品あるいは汎用化学物質は、大量生産される単一種の純粋な化学物質です。これらは、無機化学物質と有機化学物質に分類されます。無機化学物質(酸、アルカリ、塩など)は主に、鉱物由来で、ほぼすべての工業プロセスで重要な役割を果たしているのに対して、有機化学物質はほとんどが石油、石炭、天然ガス由来です。これらを、単一種の構成要素に変えてから、様々な中間製品にします。

化学業界では、一にも二にも三にも化学物質の純度が問われます。分析対象の化学物質が何であれ、メトロームは適切な装置とノウハウをご提供します。

さらに詳しく

溶媒および着色剤


溶媒は大半の化学合成で使用される媒体です。溶媒は加熱や物質移動を助け、分離や精製をしやすくし、表面処理、着色、染色を媒介する役目を果たします。複合組成の着色剤溶液や懸濁液は、特に基質への結合力が強いため、最先端の分析手法が必要になります。

分析化学はメトロームの得意分野です。メトロームは溶媒および着色剤の品質管理に向けて、様々な分析技術を提供しています。

溶媒の分析についてさらに詳しく 着色剤の分析さらに詳しく

プラント操業

プラント操業では、プラントの保全性、安全性、製造率、製品の品質、コストが何より重要になってきます。これらはすべて、主要なプロセス変数のオンラインおよびほぼリアルタイムのモニタリングによる総合的なプロセス管理に大きく依存し、爆発を起こしやすく、埃っぽく、腐食性の厳しい環境下で行われることが多くあります。

メトロームの頑丈なプロセス分析装置は、こうした環境向けに作られています。これらは、化学プロセスにおける化学変化、物理変化をコントロールし、複雑な廃水の流れをモニタリングします。それだけでなくメトロームは、腐食性の物質の分析や阻害物質のモニタリングから電気化学分析まで、蒸気トレースシステムにおける腐食モニター用の装置ならびにメソッドもご提供しています。

さらに詳しく
高い信頼性、厳しい環境下での正しい動作、差し迫る脅威に対する効果的な防御 - このような要求応える正確な分析装置とは。

防衛および治安向けに丈夫で正確な測定を行えるメトロームの分析装置には、国内だけでなく国際基準に沿った水質分析装置、不法薬物や爆発物の識別検知用携帯型ラマン分析計などがあります。

> 防衛&治安向け分析装置について詳しく