大気中のエアロゾルやガスを自動捕集して分析:MARGA (マルガ)

大気汚染は私たちの健康および環境に大きな影響を及ぼします。

MARGA(マルガ)は、大気の品質に直接影響を及ぼす水溶性の気体およびエアロゾル成分を連続測定できる完全な自律型のサンプリング&測定システムです。測定結果は、エアロゾルの構造を突き止める研究や、濃度や組成が日周期や季節サイクルより、どのように変化するかを調べる研究に利用することができます。

MARGA Monitor for Aerosols and Gases in Ambient Air from Metrohm Process Analytics

MARGAの特長

  • サンプリングと分析を1つのソフトウェアで制御
  • デュアルイオンクロマトグラフで水溶性の気体とエアロゾル成分を同時に測定。
  • 1時間毎に測定しサンプル捕集の1時間後に結果を表示
  • 10 Lタンクで吸収溶液をセットすれば最長2週間まで無人運転可能
  • 内部標準機能によりキャリブレーション測定が不要

MARGA(マルガ) システム (2)

2060 MARGA M – 連続大気モニタリング

A402060110C
環境大気中のエアロゾルと気体のモニタリング (MARGA) では、様々なサイズの微粒子状物質を含む大気中の水溶性の気体およびエアロゾルの濃度を測定することで大気の質をモニタリングするイオンクロマトグラフィーが用いられます。大気は、真空ポンプによって一定の流量で装置に吸引されます。装置に吸入される前に、微粒子状物質 (PM) の最大寸法は、サイズ選択インレットを利用することで制限することができます (例: PM 1.0、PM 2.5、またはPM 10)。水溶性の気体は湿式回転デニューダー (WRD) 装置に吸引され、その後エアロゾル中の水溶性イオンはスチームジェットエアロゾルコレクター (SJAC) にて抽出されます。デュアルチャンネルイオンクロマトグラフ (IC) は、エアロゾルおよび水溶性の気体中の陰イオンと陽イオンを同時に、0.001 µg/m3の低い検出限界に達する高精度にて定量化します。必要なときに調整を行うため、また保存されている結果にアクセスするための直接的なインターネット接続を用いることで、アナライザーのパフォーマンスを遠隔で観察することができます。 2060 MARGA M バージョンは、固定した場所での24時間365日の連続モニタリングに理想的です。汚染事象の日内変動、または軌跡モデルなどの研究のための1時間の時間分解能によるデータ収集。結果、トレンドグラフなどに簡単にアクセスできるリモートコントロールまたはタッチスクリーン。測定される気体: 塩化水素 (HCl)、硝酸 (HNO3)、亜硝酸 (HONO)、二酸化硫黄 (SO2)、アンモニア (NH3)測定されるエアロゾルイオン: 塩化物 (Cl-)、硝酸塩 (NO3-)、硫酸塩 (SO42-)、アンモニウム (NH4+)、カリウム (K+)、カルシウム (Ca2+)、マグネシウム (Mg2+)

2060 MARGA R – 研究活動のための大気モニタリング

A402060120C
環境大気中のエアロゾルと気体のモニタリング (MARGA) では、様々なサイズの微粒子状物質を含む大気中の水溶性の気体およびエアロゾルの濃度を測定することで大気の質をモニタリングするイオンクロマトグラフィーが用いられます。大気は、真空ポンプによって一定の流量で装置に吸引されます。装置に吸入される前に、微粒子状物質 (PM) の最大寸法は、サイズ選択インレットを利用することで制限することができます (例: PM 1.0、PM 2.5、またはPM 10)。水溶性の気体は湿式回転デニューダー (WRD) 装置に吸引され、その後エアロゾル中の水溶性イオンはスチームジェットエアロゾルコレクター (SJAC) にて抽出されます。デュアルチャンネルイオンクロマトグラフ (IC) は、エアロゾルおよび水溶性の気体中の陰イオンと陽イオンを同時に、0.001 µg/m3の低い検出限界に達する高精度にて定量化します。必要なときに調整を行うため、また保存されている結果にアクセスするための直接的なインターネット接続を用いることで、アナライザーのパフォーマンスを遠隔で観察することができます。 研究活動に理想的な 2060 MARGA R バージョン: IC は、24時間365日稼働の空気質モニタリングに使用されていないときは、他のプロジェクトのスタンドアローンラボ装置として使用できます。汚染事象の日内変動、または軌跡モデルなどの研究のための1時間の時間分解能によるデータ収集。結果、トレンドグラフなどに簡単にアクセスできるリモートコントロールまたはタッチスクリーン。測定される気体: 塩化水素 (HCl)、硝酸 (HNO3)、亜硝酸 (HONO)、二酸化硫黄 (SO2)、アンモニア (NH3)測定されるエアロゾルイオン: 塩化物 (Cl-)、硝酸塩 (NO3-)、硫酸塩 (SO42-)、アンモニウム (NH4+)、カリウム (K+)、カルシウム (Ca2+)、マグネシウム (Mg2+)

大気中の水溶性物質とエアロゾルを捕集する最新サンプリングシステム

先ず真空ポンプで大気をサンプリングユニットに吸収します。大気サンプルが装置に入る前に粒子サイズを選別できるインレットを設置すると、粒子状物質(PM)の最大径(PM10やPM2.5など) を選択的に捕集できます。

水溶性の化学物質は湿式回転デニューダーに吸収され、それからエアロゾル中の水溶性イオンがスチームジェットエアロゾルコレクターに抽出されます。


メトロームのドジーノ精密分注システムで最高の正確さを実現

2060 MARGAにはメトロームの精密分注システム Dosino (ドジーノ) が付属しており、精密なサンプルのハンドリングが行えます。メトロームのドジーノはピストンストローク全体の10,000分の1の分解能を誇り、きわめて精度の高い分注が可能です。

毎時2台の分注システムが、気体もしくはエアロゾルのサンプルを同時に捕集します。

3台目のドジーノは、各サンプルをオンライン・イオンクロマトグラフへ送るのに使用されます。

完全自律型 24時間/365日 無人運転を実現したイオンクロマトグラフ

メトロームの940 プロフェッショナルIC Varioシリーズをベースにしたデュアルチャンネルタイプのイオンクロマトグラフは、捕集した気体およびエアロゾルサンプルから自動的にイオンを分析します。測定中に内部標準が添加されて自動でキャリブレーションが行われ、ICカラムのパフォーマンスチェックが瞬時に行われます。

試薬の消費が少ないので、1週間(1.0 m3 /h)ないしは2週間(0.5 m3 /h)無人での操作が可能です*。

* 吸収溶液10 Lの消費をベースに推定

専用ソフトウェアで24時間/365日リモート管理と記録

2060 MARGAは、メトローム プロセスアナリテックスの2060ソフトウェアとメトロームのMagIC Netソフトウェアで操作します。この直観的で使いやすいソフトウェアは、各測定結果の検証インジケータとともに、全データが記録されるため自信をもってレポートを作成することができます。

2060 MARGAをインターネットへ直接接続すれば、遠隔操作でモニタリングできるよう設計されています。したがって、システムをリモートで操作・測定し、調整することができるので、いつでも測定結果をダウンロードできます。

MARGAは米国 EPA 環境技術検証 (ETV) プログラム承認済み

MARGAは、メトローム プロセスアナリテックスがオランダエネルギー研究センター(ECN) および米国の環境保護庁 (EPA) と共同開発したものです。また、MARGAは米国のEPA環境技術検証 (ETV) プログラムによって承認されています。

MARGA – 世界中の大気をモニタリング

MARGAは発売開始以来、100を超える世界の拠点で使用され、数多くの環境モニタリングプロジェクトや研究で活躍しています。
Sites of installed MARGA systems for aerosol and gas monitoring in ambient air

ダウンロード

マルガ(MARGA)は、測定だけでなくキャリブレーションやデータ管理においても卓越した自動システムです。
Fei Li, researcher at the aerosol ingredient laboratory, Institute of Tropical and Marine Meteorology, Guangzhou