プロセス用イオンクロマトグラフ:2060 IC プロセスアナライザー

2060 IC プロセスアナライザーは、複数の測定メソッドで複数のサンプルラインを取り込み測定できる、プロセス用にカスタマイズされたオンライン型イオンクロマトグラフになります。

2060 オンラインアナライザーは、ng/L ~ %濃度までの水溶液中にイオン化合物をオンラインでモニタリングできます。

2060 IC Process Analyzer: Online monitoring of industrial processes

特長

  • 高い柔軟性


    異なる場所で複数キャビネット、異なるキャビネットを組み合わせ

  • 幅広い用途


    1回の分析で複数項目を同時測定

  • 正確な測定


    複数の種類の検出器を使用して、幅広い分析対象を高精度で分析

  • 24時間/365日稼働できる装置


    24時間/365日間、連続溶離液生成を組み合わせた無人測定を実現


    > 詳しくはお問合せください


産業に関わらずアプリケーションにフォーカス

2060 IC プロセスアナライザーは、さまざまなイオンクロマトグラフィーのアプリケーションを行えます。例えば合成中のアミンをモニタリングして、河川から直接採取した水に含まれる陰イオンと陽イオンの分析が行えます。ラボですでに実施されているアプリケーションは、問題なく2060 IC プロセスアナライザーへ直接移行できます。例えば以下のような業界で使われています:

  • エネルギー/発電
  • 表面処理/めっき
  • 化学
  • 食品/飲料
  • 環境/廃水

> 2060 IC プロセスアナライザーのアプリケーション

多くのオプションから選べる拡張性の高いプロセス分析

1台のプロセス分析計内にサンプル前処理と溶離液再生を集約した2060 IC プロセスアナライザーは、キャリブレーションとバリデーションがボタン一つ押すだけで実施できます。

各分析キャビネット内では、最大12個の湿式分析用モジュールを取り付けることが可能で、サンプル前処理や最大20経路のサンプル配管を接続するなど、測定の柔軟性を最大限に高めることができます。

イオンクロマトグラフは分析に超純水を必要とします。2060 IC プロセスアナライザーは、安全な操作と利便性を確保するため、ELGA®社制の超純水精製装置 PURELAB® flex 5/6 を使用して超純水を連続自動生成します。この装置は圧力のかからない装置のため、摩擦が少なく、また浄化パックの交換も少なく、プロセスオンライン分析のコスト節約となります。

ラボからプロセスへ

2016 IC プロセスアナライザーは、イオンクロマトグラフをシステム内にビルトイン設計にすることにより長期間自律的に稼働できるようにしました。

メトロームによる長年のイオンクロマトグラフィに関するノウハウの蓄積により、ラボ用ICの測定メソッドを2016 IC アナライザーへ直接移すことができます。労働集約的な業務であった品質管理試験をオンラインモニタリングへ簡単に移行できます。

湿式部分に関するモジューラーと複数のキャビネットの組み合わせたり、異なるキャビネットを異なる場所へ配置できるため、2060 IC アナライザーは、最大20のサンプルラインを接続しても効率的にイオンクロマトグラフィー分析をおこないます。

> オフライン/アットライン/インライン分析カタログをダウンロード(英文)

プロセス環境に最適化させたソフトウェア

2060 IC プロセスアナライザーは、イオンクロマトグラフィー分析とオンラインプロセス制御のためのソフトウェアを備えています。

2060のソフトウェアは、あらゆる産業用途向けに分析計を効率的にプログラミング、制御できるように設計されています。いわゆる「タイムプログラミングシート」を使用して、プロセス用分析計のプログラム実行が明確にグラフィックタイムラインで表示されます。

プロセス分析計の現在の城尾帯をモニタリングできるように、アラームを設定することができ、データは、さまざまなプロセス通信プロトコル(ModbusやディスクリートI/Oなど)を使用して通信できます。

イオンクロマトグラフィー分析用ソフトウェアのMagIC Netは、バックグラウンドで、プロセス分析計のICハードウェア部分を制御しており、システムからの関連情報を収集して、データを表示します。

> MagIC Netについてさらに詳しく

ダウンロード