育児用ミルクや離乳食の複数品質管理項目をイオンクロマトグラフで一度に測定

育児用ミルク(乳児用調整粉乳)と離乳食の効率的で信頼性の高い定性分析

育児用ミルクと離乳食の品質管理は、各国の規制で厳格に定められています。イオンクロマトグラフィー法は、各国の規制に準拠しつつ、装置構成、装置の感度、価格の面からも有効な測定方法です。

イオンクロマトグラフは、お求めやすい価格で最先端の分析機器です。高い柔軟性のある装置構成により、広い応用分野で使われています。こちらのホワイトペーパーでは、イオンクロマトグラフを使用した育児用ミルク乳児用調整粉乳)と離乳食の品質管理測定方法について、詳しく解説しています。

Quality control of infant formula with ion chromatography

育児用ミルクと離乳食の品質管理測定を詳しく!

この無料ホワイトペーパー「イオンクロマトグラフィーによる乳児用調整粉乳の複数項目分析」では、イオンクロマトグラフを使用して育児用ミルク(乳児用調整粉乳)に含まれる炭水化物、微量栄養素、汚染物質を測定する方法を解説しています。また乳児用調整粉乳の品質管理に関する海外の重要な規制やガイドラインについても記載しています。

ホワイトペーパーダウンロード(英語ページへ移動します)

イオンクロマトグラフィー(IC)の利点は?

ICは使いやすい

イオンクロマトグラフには専門的な操作は必要ありません。安全で危険な廃液も出ません。

ICは測定が速い

イオンクロマトグラフなら一度に複数項目を測定できます。さらにインラインサンプル前処理(ダイアリシス、濾過、希釈など)を行い測定にかかる手間と時間を短縮できます。

ICは経済的

イオンクロマトグラフなら装置購入費用も測定にかかる費用も経済的です。