水道水の複数の測定項目を同時分析
2021/10/22 8:45

スイス・チューリッヒの公的機関ラボで、自動滴定装置とイオンクロマトグラフを組み合わせたTitrICシステムによる水道水の複数項目を同時測定

スイス・チューリッヒのラボでは、2000を超える公益事業および民間水道事業者が水道水に関する規制を準拠しているか監視しています。より効率的に分析をおこなうため、このラボでは、メトロームの自動滴定装置とイオンクロマトグラフを組み合わせたシステム(TitrIC)を採用して、水道水の複数の分析項目を同時に行っています。詳細は動画でご覧いただけます。

「私たちは、毎日30~100サンプルを分析しており、これはかなりのサンプル数のため、生産性をいかに上げるかが課題となっています。」と、チューリッヒにあるスイス・カントン研究所の元素分析部門責任者StephanReber氏は述べています。「私たちは、ルーチン分析をより効率的に行う方法を探していました。メトロームのTitrICシステムを使用すると、完全自動で異なる20項目を1度で分析できます。」

名前の通り、TitrICは、自動滴定装置(Titrator)とイオンクロマトグラフ(Ion Chromatoguraphy)を組み合わせたシステムです。分析結果は、共有データベースに集められ、一つのレポートに記載されます。信頼性を最大限高めるため、TitrICシステムは、電極の校正が必要な場合やファクターの測定が必要な場合、ユーザーに通知します。さらに標準試料を決められた測定サンプル数ごとに自動的に注入して測定します。もし標準試料の結果が一定範囲から外れていた場合、TitrICシステムは自動的に再校正を実施します。

TitrICシステムは、以下の項目を自動で分析できます:

  • pH値 value
  • 温度
  • 導電率
  • アルカリ度(p値およびm値)
  • 硬度(カルシウムおよびマグネシウム)
  • カチオン(例;リチウム、ナトリウム、アンモニウム、カルシウム他)
  • アニオン(例;フッ素、塩素、臭素、硝酸、亜硝酸、リン酸等)
  • イオンバランス

> TitrIC についてさらに詳しく

> 英語カタログダウンロードできます

詳しくは、メトロームジャパンまでお問合せください。